老眼

Free-Photos / Pixabay

最近かなり眼が弱ってきた。勿論老眼なのだが、かつては2.0の視力を誇っていただけに、眼の衰えは堪える。

裸眼では新聞の文字も読めない。おまけに眼底に傷があるから、すべてが歪んで見える。

メガネがこれほど不便なものとは思っても居なかった。すぐに手の脂で汚れる。

少しでも汚れると気になって仕方がない。

 

最近は困ったことに距離感も狂いだした。

メガネが合っていないのか、これも衰えか。

去年買ったばかりだから買い換えるわけにもいかず、それに視力が落ちた感じはなく、衰えただけだからメガネを変えても見え方は変わらないだろう。

左目が薄く見えて右目が濃く見える。しかし右目は歪んでしか見えないから役に立たない。左目で見ながら右目で色を濃くするような微妙な見方をしている。

 

老いは色んな所で感じられる。愚痴ってはいるが、今の環境が嫌なわけじゃない。むしろ幸せを感じるのだが眼だけはいかんともしがたい。

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。