子供の想像力

奈央は暇さえあれば何かを作っている。

作っているものが何かはよくわからない。

切ったりセロテープで貼ってる、出来上がったものを見てもよくわからない。

しかし、奈央の頭の中には何かがあるのであろう。

決して上手だとは言えないが、出来栄えよりもその発想力がおもしろい。

その発想力を上手に育てていきたいと思う。

今日もまた机の上には紙の切れ端や残骸が残っている。

残骸はかたづけるが、訳の分からぬ作品はテーブルの下のおもちゃ箱の中にしまわれる。