反日と嫌韓

反日という言葉はよく使われるが、嫌日はあまり使われない。

しかし嫌韓は使われるのに反韓はあまり使われない。

ちょっとした言葉の違いではあるが、ここに世情が現れている気がする。

韓国はその昔、アメリカがクシャミをすれば日本は風邪をひく。日本が風邪を引けば、韓国は倒れるとまで言われていた。

日本の影響力が大きく、その日本を超えることが国民の願いであったに違いない。

この感情を政治が悪用した。徹底した反日教育だ。政府への不満を日本に向けることで、政府に対する不満をそらせてきた。

大半が、日本の軍国主義時代にあったこと。それに日本政府の政策に対する抗議であったり、国民と言うより政府に対する反発だろう。だから反日となる。

逆に日本は、韓国政府のみならず、反日政策をとる韓国の全てが嫌いになる。

日本人は好日国が好きだ。細かいところは気にしない。多くの人が日本人を好きならば、その国が好きになる。

今の状況が良いわけはない。しかし韓国の反日政策が続けば続くほど、日本人は韓国を嫌いになる。韓国と聞くだけで生理的に嫌悪感を抱く。

韓国が振り上げた拳に、いつもはかわすだけだった日本が初めて反撃に出た。拍手喝采する国民も多い。こうなると日本政府も、手を引くことが出来ない。

韓国政府はここにきて迷走し始めた、アメリカまで敵に回すつもりなのか。それはともかくとして、このままでは嫌韓を通り越して、憎悪に変わるのは間違いない。

打開策は先に拳を振り上げた方が下ろすしかないと思うが、それは有り得ないだろう。

中国に隷属し続けてきた国は、またも隷属することを選ぶのか。