Englishman in Newyork – Sting

音楽

Open in Spotify

 

Stingも歳には勝てないのか、最近は昔の様な高音では歌わなくなった。ちょっとハスキーで抜けるような高音が魅力だったのに、そこは残念な気がする。

 

ポリス時代のStingも凄かったけど、ソロ活動を始めてから、映画にも出演し、存在感のある演技をしている。

 

今も決して悪いという訳では無いし、歌唱法を変えただけかも知れない。でも私はこの時代のStingがいい。

 

特にこの曲は、イングランド生まれのSting自身を表したような曲で、都会的な曲でありながら郷愁を帯びている。Stingの数ある曲の中でも一番の名曲だと思う。

 

筆者
筆者

Stingという呼び名は、昔黒と黄色の服を着ていて、チクリと刺すというところから来たらしい。

奈央
奈央

今日のウォーキングのBGMとしては選曲ミス

コメント