日記

第一章 もう何年前になるのだろう。最初の営業だった山下君と岡田君。 私はどうしてもJava ...