盲亀浮木とは

人間として生まれて来るということは、大海中に棲み、百年に一度だけ水面に浮かび上がる目の見えない亀が、漂っている浮木のたった一つの穴に偶然入るくらい難しいこと。

涅槃経などにも登場する寓話が元となっているが、六道のうち人間として生まれてくるということはそれほど困難なことですから、人生を大切に生きたいというメッセージを込め盲亀浮木というタイトルにしました。

なお、Faviconは私の干支酉年の護り本尊である不動明王を表すカーンという梵字です。

Posted by 森本 貴英